千葉県印旛郡酒々井町

千葉県の北部中央に位置する「酒々井町(しすいまち)」は、
戦国時代に下総の国を統治した千葉氏が本佐倉城を築城し、
以後100年にわたり政治、経済の中心として栄え、江戸時代には成田山や芝山参詣客の宿場町としてにぎわいました。
北西には印旛沼、東南には北総台地が広がるこの土地は、今なお残る歴史と文化、自然がバランスよく調和した町です。

アクセス

お知らせ

夏休みハーブ体験教室

酒々井新酒祭
11月18日(日)飯沼本家 9時30分~15時
酒々井は『酒』という字が二つも入る珍しい地名です。
300年の歴史を持つ酒々井町の蔵元飯沼本家を会場に、
酒蔵で搾ったばかりの純米酒や美味しい仕込み水を試飲できます。
また、当日は模擬店が多数出店します。

酒々井千葉氏まつり

酒々井町ふるさとまつり
11月25日(日)中央台公園/中央公民館 9時~15時
中央台公園と中央公民館を会場に、
町の様々な生産品や産業の紹介、
新鮮な野菜の販売や、チャリティーバザーの他、
トン汁の無料配布など、お得な催しがあります。
page top